2021年度全国統一防火標語 「おうち時間 家族で点検 火の始末」

防火管理講習会

令和元年度甲種防火管理新規講習の案内

 

  防火管理講習の受付は、終了しました。

 

 甲種防火管理者の資格を新規に取得される方の講習

令和元年度甲種防火管理新規講習の案内 (サイズ: 268KB)

令和元年度甲種防火管理新規講習 受講申込書(サイズ:128KB)

講習の日時 ・ 場所

 《日 時》 令和元年8月22日(木) ・ 23日(金)

        第1日 午前9時40分から午後4時20分まで

           第2日 午前9時40分から午後5時00分まで

 《場 所》 京都府立口丹波勤労者福祉会館(クアスポくちたん)2階 大会議室
        (南丹市八木町西田金井畠9)

受講の対象者

 当消防組合の管内(亀岡市、南丹市及び京丹波町)に居住又は勤務している者で、甲種防火管理者の資格を取得しようとする者

 

 消防法では、多数の者を収容する防火対象物の管理権原者に防火管理者を定めさせ、防火管理を実施するために必要な事項を消防計画として定めるとともに、この計画に基づいて防火管理上必要な業務を行わせるよう義務付けています。

 防火管理者は、「防火管理上必要な業務を適切に遂行できる管理的又は監督的地位にある者」で、かつ、「防火管理に関する必要な知識及び技能を有している者」と規定されています。

 当消防組合では、この必要な知識及び技能を修得していただくために防火管理の講習を実施しています。

 

[参 考]

消防法第8条第1項 (抜粋)

 学校、病院、工場、事業所、興行場、百貨店、複合用途防火対象物、その他多数の者が出入りし、勤務し、又は居住する防火対象物で政令で定めるものの管理について権原を有する者は、政令で定める資格を有する者のうちから防火管理者を定め、当該防火対象物について消防計画の作成,当該消防計画に基づく消火、通報及び避難の訓練の実施、消防の用に供する設備、消防用水又は消火活動上必要な施設の点検及び整備、火気の使用又は取扱いに関する監督、避難又は防火上必要な構造及び設備の維持管理並びに収容人員の管理その他防火管理上必要な業務を行わせなければならない。

講習の日程

時   間 所要 時間 科     目















9:40~ 9:50

10分 オリエンテーション
9:50~10:50 60分 防火管理の意義と制度Ⅰ
10:50~11:00 10分 休憩
11:00~12:00 60分 火気取扱いの基本知識と出火防止対策Ⅰ
12:00~13:00 60分 休憩
13:00~14:00 60分 施設・設備の維持管理Ⅰ
14:00~14:10 10分 休憩
14:10~15:10 60分 自衛消防Ⅰ
15:10~15:20 10分 休憩
15:20~16:20 60分 防火管理の進め方と消防計画Ⅰ


9:40~10:40 60分 防火管理の意義と制度Ⅱ
10:40~10:50 10分 休憩
10:50~11:50 60分

火気取扱いの基本知識と出火防止対策Ⅱ

11:50~12:50 60分 休憩
12:50~13:50 60分

施設・設備の維持管理Ⅱ

13:50~14:00 10分 休憩
14:00~15:00 60分 自衛消防Ⅱ
15:00~15:10 10分 休憩
15:10~16:10 60分 防火管理の進め方と消防計画Ⅱ
16:10~16:20 10分 休憩
16:20~17:00 40分 効 果
測定等
甲種効果測定、解答、修了証交付

備考 時間は、都合により一部変更することがあります。

受講の手続き

(1) 受付期間
 令和元年7月18日(木)から7月26日(金)まで
  (土曜日・日曜日を除く日の午前8時30分から午後5時15分まで)

(2) 受付場所
 各消防署(予防課予防係)・分署・各出張所

(3) 申込要領
 受講申込書に必要事項を記入押印し、最近6箇月以内に撮影した写真1枚(正面・上半身・無帽・無背景縦4cm×横3cm)を貼って申し込み、受講票を受け取ってください。 (郵送不可)    

 なお、受講資料等は、講習当日(第1日目)にお渡しすることとしていますので、講習当日には受講資料等の代金(4,500円)が必要となります。

定 員

 甲種防火管理新規講習及び乙種防火管理講習の合計受講者 80名
 定員になり次第、受付を終了しますので、早めの申し込みをお願いします。

修了証の交付

甲種防火管理新規講習の全課程を修了した方には、修了証を交付します。
※ 一定の成果を確認するための効果測定があります。

その他の注意事項

(1)受講の申込み後に欠席する場合は、速やかに連絡してください。
 特に、当日の欠席は、定員超過で受講できなかった方の迷惑になりますので、厳に慎んでください。また、受講の申し込みをしないで、当日来場された方は、受講することはできません。
(2)受講票の受講番号は必ず確認しておいてください。
(3)受講票及び筆記用具は、必ず持参してください。
(4)講習の開始時刻は、両日とも9時40分です。
(5)受講票は、受講日に持参し、会場受付に提出してください。
(6)受講票を提出されなかった場合は、欠席されたものとみなします。
(7)講習の途中で退席された場合は、欠席されたものとみなします。
(8)欠席されたものとみなした方には、修了証を交付しません。
(9)受講票及び受講申込書は、理由を問わず返却致しません。
(10)昼食は、各自で用意をしてください。
   なお、当日は、会場で弁当を購入することができます。

 

令和元年度乙種防火管理講習の案内

  乙種防火管理者の資格を新規に取得される方の講習

令和元年度乙種防火管理講習の案内 (サイズ: 258KB)

令和元年度乙種防火管理講習 受講申込書(サイズ:128KB)

講習の日時 ・ 場所

 《日 時》 令和元年8月22日(木)

       午前9時40分から午後5時00分まで

 《場 所》 京都府立口丹波勤労者福祉会館(クアスポくちたん)2階 大会議室
      (南丹市八木町西田金井畠9)

      ※ 甲種防火管理新規講習(2日間)の第1日と兼ねて開催します。

受講の対象者

当消防組合の管内(亀岡市、南丹市及び京丹波町)に居住又は勤務している者で、甲種防火管理者の資格を取得しようとする者

 

 消防法では、多数の者を収容する防火対象物の管理権原者に防火管理者を定めさせ、防火管理を実施するために必要な事項を消防計画として定めるとともに、この計画に基づいて防火管理上必要な業務を行わせるよう義務付けています。

 防火管理者は、「防火管理上必要な業務を適切に遂行できる管理的又は監督的地位にある者」で、かつ、「防火管理に関する必要な知識及び技能を有している者」と規定されています。

 当消防組合では、この必要な知識及び技能を修得していただくために防火管理の講習を実施しています。

 

[参 考]

消防法第8条第1項 (抜粋)

 学校、病院、工場、事業所、興行場、百貨店、複合用途防火対象物、その他多数の者が出入りし、勤務し、又は居住する防火対象物で政令で定めるものの管理について権原を有する者は、政令で定める資格を有する者のうちから防火管理者を定め、当該防火対象物について消防計画の作成,当該消防計画に基づく消火、通報及び避難の訓練の実施、消防の用に供する設備、消防用水又は消火活動上必要な施設の点検及び整備、火気の使用又は取扱いに関する監督、避難又は防火上必要な構造及び設備の維持管理並びに収容人員の管理その他防火管理上必要な業務を行わせなければならない。

講習の日程

時   間 所要 時間 科     目













         

9:40~ 9:50

10分 オリエンテーション
9:50~10:50 60分 防火管理の意義と制度Ⅰ
10:50~11:00 10分 休憩
11:00~12:00 60分 火気取扱いの基本知識と出火防止対策Ⅰ
12:00~13:00 60分 休憩
13:00~14:00 60分 施設・設備の維持管理Ⅰ
14:00~14:10 10分 休憩
14:10~15:10 60分 自衛消防Ⅰ
15:10~15:20 10分 休憩
15:20~16:20 60分 防火管理の進め方と消防計画Ⅰ
16:20~16:30  10分  休憩
16:20~17:00 40分 効 果
測定等
甲種効果測定、解答、修了証交付

備考 時間は、都合により一部変更することがあります。

受講の手続き

(1) 受付期間
 令和元年7月18日(木)から7月26日(金)まで
  (土曜日・日曜日を除く日の午前8時30分から午後5時15分まで)

(2) 受付場所
 各消防署(予防課予防係)・分署・各出張所

(3) 申込要領
 受講申込書に必要事項を記入押印し、最近6箇月以内に撮影した写真1枚(正面・上半身・無帽・無背景縦4cm×横3cm)を貼って申し込み、受講票を受け取ってください。 (郵送不可)    

 なお、受講資料等は、講習当日(第1日目)にお渡しすることとしていますので、講習当日には受講資料等の代金(4,400円)が必要となります。

 

定 員

 甲種防火管理新規講習及び乙種防火管理講習の合計受講者 80名
 ※定員になり次第、受付を終了しますので、早めの申し込みをお願いします。

修了証の交付

乙種防火管理講習の全課程を修了した方には、修了証を交付します。
※一定の成果を確認するための効果測定があります。

その他の注意事項

(1)受講の申込み後に欠席する場合は、速やかに連絡してください。
 特に、当日の欠席は、定員超過で受講できなかった方の迷惑になりますので、厳に慎んでください。また、受講の申し込みをしないで、当日来場された方は、受講することはできません。
(2)受講票の受講番号は必ず確認しておいてください。
(3)受講票及び筆記用具は、必ず持参してください。
(4)講習の開始時刻は、両日とも9時40分です。
(5)受講票は、受講日に持参し、会場受付に提出してください。
(6)受講票を提出されなかった場合は、欠席されたものとみなします。
(7)講習の途中で退席された場合は、欠席されたものとみなします。
(8)欠席されたものとみなした方には、修了証を交付しません。
(9)受講票及び受講申込書は、理由を問わず返却致しません。
(10)昼食は、各自で用意をしてください。
   なお、当日は、会場で弁当を購入することができます。